緑だけど青汁

緑だけど青汁

子供のころの疑問「信号機は緑色なのにどうして青信号というのだろう?」ということ。この疑問は大人になってから青汁と出会った時にも感じたものです。ですがこの疑問、遂に解けました!
そもそも昔の日本語には赤、黒、白、青の4色しか存在しませんでした。この4色で全てを表していました。いまでもその名残はあり、その名残の一つとして今で言う「緑色」を「青色」と呼びます。信号機もしかり、また青汁もしかり。青汁の青はそんな深い意味合いがあったんですね。因みに前に挙げたこの4色のみ、赤い、黒い、白い、青いのように○いとすることで形容詞になります。他の色、例えば黄は黄色いというふうに○色いとしなければ形容詞的な表現はできませんし、紫や水色といった色は、○色いとしても形容詞的な表現をするには少し違和感を感じます。これぞ、昔から日本語にある色だけの特権ということができますよね。
青汁の青色一つとってもこんなに深〜いお話があるなんて、さすが青汁!と思うのは私だけでしょうか?そんなはずはありません!あの青色に入っている、いろんな栄養成分が共に手を取りあって私たちの体の中で活躍している様子をイメージできるあなたもきっとそう思っているはずです。