青汁で副作用が出たら

青汁で副作用が出たら

万が一青汁を飲んだことによって先に挙げた下痢や腹痛といった過剰摂取による副作用が現れたら、まずは摂取を止めることが大切です。とにかく止めれば悪化することはありません。
下痢やおう吐といった症状の場合は、その後に脱水症状の危険性が出てきますので、できるだけ水分を補給するよう努めましょう。その場合、スポーツドリンクやイオン飲料のような体の中の水分と近いものを補給するのがおススメです。一度に飲んだらまたムカムカで吐き気をもよおすという人は、一口ずつといった少量をこまめに補給して、脱水症状を引き起こさないように心がけましょう。後は安静にしておくことが良いのですが、それでも症状が落ち着かない場合は早急に医療機関を受診するようにしましょう。青汁でお薬のような副作用は考えにくいのですが、高い栄養素が突然体の中に入ると中には体が驚いてしまうこともあるため、中にはこのような反応がある方もいます。
ということは、やはり飲み始めには体の変化に注意しておく必要があります。ただ、青汁の栄養成分はメーカーによってさまざまですので、自分の体の変化を注意してみておくことによって青汁との相性を確認して、今後の生活にも役立てることができます。